2008年07月27日

小林正観さんにお金を貸していただけませんか?といった話




小林正観さんとのエピソードで、
一番
面白がられるお話を書きます。

ま〜正観さんファンの人たちからは、

暴挙!

といわれている行動であります。


実は以前別なところで、
ハショッテ
書いたんですが、

『どんな話なの?書いて!』

頼まれごとに分類し、
書くことにしました。



昨年の8月。
うたしショップ等の交流会で、
兵庫県の光楽園に行ったときのことです。

http://skp358.com/topics/event/080827/080827.html
2008年もありますね。



百数十人が連日参加していた中です。

食堂から一度正観さんがでて、
帰ってきました。

通常正観さんは、
10〜20人に食堂では囲まれるのですが、

  何故か?

誰も近寄りませんでした。

半径1メートルには私一人。
正観さんはテーブル、
右手側に直立不動気味の私。
(私を知ってる方は、そういう姿になることがあるのか?というぐらい普段は人に対して緊張しない私です)


あーなんだ(以下A)『正観さん今宜しいでしょうか?』
正観さん(以下正)『どうぞ』

A『実は八戸の主婦の方々から、うたしショップの店舗を持つように言われまして・・・ 不動産まで探してきてくれています。』
正『それは良かったですね』

汗だくで、
勇気を振り絞って、

A『つきましては、お金を貸していただけないでしょうか?』


少し下から見上げながら
正『安易な方向に流されない方が良いですよ』
A『???????』

正『味方を増やした方が良いですよ』

A『???????』

正『そうですね。出来るなら10万円を20人。もっといいのは、5万円を40人、3万円で70人という感じで集めると良いですよ。』
A『あ〜、ちょっとスッキリしました。・・・いやスッキリしました!』



その後今のうたしショップを開くにあたり、

6人の方から、
136万円を

無利子無期限
でお借りして、
店舗が始まりました。



その後のエピソード(私のですが)
もいつか少しずつ
どこかで書くかもしれません。

また、

『安易な方向に流されない』
『味方を作った方が良い』

等の言葉は、

奥が
深い感じで受け取っています。

後から、後から
 気付きが
出てきております。



そういえば、
正観さん、
貸さないとは言っていないんだよな〜

ありがとうございます。


お金の本といえば、
五日市さんの
『ツキを呼ぶ魔法の言葉ゴールドラッシュ 』

51mjg3VG7.jpg

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%84%E3%82%AD%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B6%E9%AD%94%E6%B3%95%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5-%E4%BA%94%E6%97%A5%E5%B8%82-%E5%89%9B/dp/4837661351/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1217146900&sr=1-2

面白いですよ〜〜


タグ:小林正観
posted by 気功整体士津原 at 17:27 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。